ファリスの新私服って・・・ヴィンセントのクリステン私服と似てない?
さて、ファリスのことよりも、フウちゃんと大輝くんについて書いてもいいかな…うずうずしてて(笑)

フウちゃん登場ルートは4キャラありましたが、ファリスルートが一番フウちゃんらしかったと思う。
・・・いや、フウちゃんの性格なんてそんな知らないけど(笑)
「従姉弟」このポジションを一番上手く使ってた。
そして、あれ…フウちゃん可愛い…という気持ちになれたのが唯一ファリスルートだけでした。
スキンシップはあっても従姉弟という立場だから一線を引いて主人公に接してた。
他ルートは、顔はいいのに…だったので(笑)

とりあえず、フウちゃんにキュンとしたポイント。遊園地。
楓音「……なんで、主人公はわかんないのかな……」
おお・・・悲しそう・・・
楓音「でも、鍵を渡したら……またいなくなるんだろう?……俺を置いて……そいつと……」
という悲しい表情からの
楓音「なーんてね。信じた?」
この誤魔化す辺りが切ない。
楓音「さすがに、こんな手にはひっかからないか~」
すごく好きで。
私はこういう面倒くさいキャラ(←失礼)嫌いじゃないので、キュンとした(笑)

続いて、元カレ大輝くんのことを。
私はコーエンジに行くイベントと知った時に、一番最初に思い浮かんだのが大輝で。
2人のイケメンよりも大輝が登場するかどうか気になって・・・←恋に落ちてる?笑
ファリスルートのストーリー上では3回
???「主人公?」
こんな風に誰かに呼ばれるシーンがあって。
その度にまさか大輝くん!?と思ったのは内緒です。
1回目はファリス、2回目はフウちゃん、3回目の正直でようやく大輝・・・
この時の感動は忘れない。ありがとう。
これまで色違いがたくさん登場したけど、元祖の輝きは違う。
彼の一番のはまり役はやっぱり大輝だった。
まぁ・・・何のための登場か不明だったけど(笑)
私のために登場してくれたんだろうと勝手に思ってます。友情出演ありがとう。
ファリス「はぁ、また厄介なのが……」
まぁまぁとなだめたくなった(笑)
この辺りのシーンを全てスクショした私はもしかすると大輝推しなのかもしれない。
大輝「今、主人公が高月楓音に連れられて……お前らどうなってんの?」
ファリス「うるさいな……少し同情しすぎたか……」
この2人、良い友情築けると思うんだけど ←ただの願望

ちょっと脇役のフウちゃんと大輝くんに感想とりすぎた…半分以上占めてるし…反省(笑)

ストーリー内容。ファリスルートは前回に引き続き他ルートとは何か違ってて・・・目線を変えて読まないといけない感じ。
私は大輝くんが出た時点で半分ネタルートとして読んでましたが(笑)
ちゃんと真剣に読んでみて何か違うのか考えた結果(そんな考えてない
1. ライバル役(フウちゃん)に対する接し方
2. 両親に対して、クリステンのことを話すor話さないのシーンをギリギリまで出さない

1.については、正直ファリスってちょっと成長したなーと思った(笑)
黙ってフウちゃんを静観する辺り。まぁ最初はフウちゃんに同情してたっぽいけど。
とりあえずファリスが元カレ大輝くんに出会った時の感想↓
●「君に伝えるI Love You」ファリスの感想
ファリスだけは先に↑のイベでライバルとやり合ってる経験があり。
しかもそのライバルは、幼馴染でも従姉弟でもない「元カレ」。
いくら顔が冴えなくても(笑)「元カレ」以上のライバル(嫉妬心を煽る役)はいないかなぁ・・・と個人的には思います。

でも、フウちゃんが攻めてくれたおかげで、
楓音「そうだよ。俺、ずっと――」
ファリス「そこまでだよ」←きゅーん
主人公を抱き上げて
ファリス「何度も言うけど、これは俺のだから」
イベの度に独占欲の塊がものすごく重く深く渦めいていて・・・あ、好きですよ。
そして翌朝・・・
ファリス「主人公が可愛い声を出すから……」
さすが・・・ヤったのか(笑)
私は最中よりもこういう系?が好きです。おでこをぐりぐりくっつけるとか大好き。

2.については、本当にラストでクリステンのことを打ち明ける。
主人公・ファリスが打ち明けるきっかけを作ったフウちゃん良かった。
「何年越しだと思ってんの?」が好きだった(笑)
フウちゃんは、ファリスを信用しきれない、何か隠していることあるよねと。
主人公はファリスの言葉を遮って秘密を押し通そうとする。
ほとんどのルートはクリステンのことをを早い段階で打ち明けるから、何でそんなに秘密にしようとしてるんだという気持ちになりそうだけど、実際内緒にしてたいよなぁ・・・言っちゃいけない気がするし、絶対反対されるし。←まさに主人公と同じ思考回路(笑)
アン王女と何の繋がりもない幼馴染には特に言う必要なし(笑)
ギリギリのタイミングで従姉弟と両親がクリステンの存在を知ったことは、個人的には現実的かもしれないと思ったりしました。

「主人公、秘密は終わりにしよう。これ以上、黙っていても君が傷つくだけだから」

「違うよ、主人公。秘密にしたままじゃ、本当の幸せは得られない」
「主人公も、わかっているよね?」

「大丈夫。その時はさらってあげるから。後悔はそれからでも遅くないよ」

↑のセリフの間に主人公の気持ちが入るんだけど、主人公のことを好きすぎてファリスはもはやエスパー。
“その時はさらってあげるから” この一言は心強いなと思った。個人的にお気に入り。

ということで、ファリスが両親にクリステンのことを語り出す。
そして実際に鏡を使って消えたり登場したりしてみせる。ココの鏡の効果音が好き(笑)
フウちゃんが鏡割りたくなる気持ちはこのルートだと多少共感できた。普通の感覚だと鏡の世界?はぁ?だよな…

主人公「親不孝で、ごめんなさい……」
親の立場は分からないけど、心に響いた・・・
ファリス「さぞ驚かれたことかと思われます。ですが、どうか主人公さんとの結婚をお許しください…」
親不孝が心に残ってるせいか、”お許しください”が色んな意味を含んでる気がした。

「この先、何があろうと主人公さんを全力で支え、導き、守ると誓います。今後もこちらの世界へも来られるよう、全力を尽くします。ですから、どうか主人公さんの伴侶として認めてください」
※エピローグ
今後もこちらの世界へも来られるよう、全力を尽くします=コーエンジへいつでも帰れるように陛下を嵌め…じゃなく、進言もしないとね
今後国王の弱みを握って嵌めることだけは分かった(笑)

両親からも無事認められ、ネックレスはお母さんが持っていた…
楓音「主人公を傷つけたら、俺が連れ戻しに行く。別の世界とか関係ない。覚悟しておけよ」←ファリスルートに限って歓迎
ファリス「そんなことは一生ないから安心していいよ」←きゅん

そしてクリステンへ戻る2人。着いた先はファリスの部屋。
パトリック「ワフ~ッ」
まじで可愛すぎてパトリック!!!ってなった。なんでこんなに可愛いの?え、何で?笑
ソファで眠そうに鳴いているのか…だから可愛いのか…
パトリック飼いたい・・・
とパトリックのことばかり思ってたらストーリー終わってた(笑)
エセ天使から天使になってたファリスでした。

ファリスとフウちゃんの性格が似てるように作られたストーリーで、
両片想い辺りのファリス=フウちゃん な感じで読んでいたら・・・エピローグで・・・
ファリス「大人しくしてたら、勝手に自滅してくれたよ」←自滅(笑)
無邪気な顔で主人公を奪おうとしてた
ホーク「なんだ、ファリスに似てたのか」←笑った
ジョゼフ「同族嫌悪……?」それだ
あんなやつと同じにしないでとファリス
ルカ「だろうな。お前に無邪気などという生温かさはない。いざとなれば、卑怯で滑稽で嫌味なヤツだからな」
あールカって本当ファリスのこと分かってる…と思った瞬間でした。