※全文ネタバレなどはしません。ただの感想です。
(選択肢については別の記事(下記)で案内しています)
●ゼル攻略

『刹那の素顔』
予告のスチルちら見せにつられて、ほいほい進めちゃうスペシャルストーリー。

堅苦しい宮殿生活に、隙あらば抜け出したいと思っている主人公。
ゼルは「ハッ」しか言わないし・・・ルカの「ハッ」とは色々違うし・・・
「これが自分の仕事ですから」
同じ仕事人間のルカとはちょっと違う真面目さ(笑)
あ、ルカのことばかり言ってる…ダメダメ!笑

ヴィンス先生のレッスンも厳しく・・・
主人公「はーい」
この後のヴィンス先生の睨み、こえー笑
主人公(そして外で警護しているのは、同じく仏頂面の――)
これにウケた。確かに同じ仏頂面(笑)

すると次の瞬間・・・

??「プリンセス、プリンセスレッスンお疲れさまです、プリンセス」

私「!????」

??「あれ俺、プリンセスプリンセス言い過ぎだ……」

私(ちょっと更新ボタンをタップ・・・本当だめっちゃプリンセス言ってる…超ウケるんだけど…笑)

ゼル団長は急の遣いで町に出ているので、初登場のキャラが警備役と。

??「団長ではなくてすみません」
あれ…その表情なんかカッコイイ…

??「いけね、自己紹介がまだでしたね!」
わっ!そんな言葉使いするんだ新鮮…

ディルク「ようやくお目にかかれて光栄です。私、王国騎士団副団長のディルクと申します」

ディルク・・・超濃いキャラきたな(笑)
副団長もゼルと同じようにめっちゃ鍛えてそう・・・さすが騎士団・・・

主人公は、公務の作法を学ぶため、大聖堂にいるノインの元へ。
ディルクは外で護衛。

主人公、ノインのお話聞いておらず(笑)ノイン様可哀相・・・
睡魔と闘いながら、抜け出せそうな扉を発見。
いいタイミングで長老がノイン様を呼び出し、もちろん主人公は大聖堂を抜け出す。
そして馬に乗って逃げちゃうよ!
ルカ様のレッスンがこんなところで活かされるとは・・・って馬を扱えてない主人公(笑)

主人公の乗る馬が暴走し裏門を出るタイミングでゼルが宮殿に戻ってきてて、
ここで助けるのか!と思いきやドドドドって通り抜けて行った・・・
主人公「ひぃ~~」←笑う
ゼルさんのマントも翻る勢いのスピードで。マント翻るシーンが見たい!笑
するとゼル、舌打ち!!舌打ち!!!!
舌打ちして馬に乗り主人公を追いかける!ゼルが舌打ちだよ!!←しつこい(笑)

一方主人公は、崖が迫っていてヤバい状態。
(落ちたら元の世界に帰れたりして!って、そんなわけあるかーい!)←まじ笑う

ゼル「プリンセス!手綱を引いてください!」
追いつくの早いね!さすがゼル!
ゼル「手綱を引け!」
うお!!!
ゼル「しっかり掴まっていろ!」
うおおおおお!!!
ゼル「いいからそのまま掴まっていろ!絶対に馬から手を離すんじゃない!」
あの・・・あのゼルさんが!こんな言葉使いをするなんて!うおおお!笑

ゼルは、主人公の馬と距離を詰めて、そのまま主人公の馬に飛び乗ったみたいです。
背後からきつく抱きかかえられていたみたいです。
うお・・・

馬ちゃん止まってくれたけど、急停止だったからゼル&主人公落ちちゃって、
(もちろんゼルの逞しい腕が主人公を護ってくれる)
草の上をゴーロゴロ~
ゼル「プリンセス、ご無事ですか!?」
ああ、話し方が元に戻ってる・・・

と思った瞬間スチル!!!
可愛い・・・・・・
ブルーグリーンの真っ直ぐな瞳が間近で私を見下ろしていた・・・
私(画面)の方は見てないから私とは目合ってないけど(笑)
ほんと可愛いスチル!

その後、ゼルから怒られました(笑)
しかもため息まで吐かれちゃった・・・悲しい~

next story・・・
ゼルのメッチャ格好いい姿が見れるようです!その前に呆れられてないかなぁ~