※全文ネタバレなどはしません。ただの感想です。
(選択肢については別の記事(下記)で案内しています)
●ゼル攻略

後半~
ファリスが主人公を舞踏会に誘う続きから。
主人公は舞踏会に行きたいけど、この警備の中抜け出すのは無理だろうって。
ルカ「無理なことなどあるか。お前が舞踏会に出たいのなら俺がなんとかしてやろう」
・・・ルカ?笑
ルカ「簡単なことだ。サヴィーニ家の人間に出来ないことなどない」
さすがルカ様ー♪

約束の21時。
おお!ルカがきた!笑
護衛の兵は・・・
ルカ「権力に屈したようだな」
権力怖い、サヴィーニ家怖い(笑)

上手く宮殿を抜け出し、馬車に乗り込み、笑顔で出迎えてくれた3人とハイタッチ。
これまじでハーレムルートでも構わないけど・・・楽しいっ!
一方、暗闇に走り出す馬車を見つめる影・・・ゼル!!
あのゼルが見逃すの・・・!?

ラッセン家の舞踏会会場へ。
ファリスとの会話で「ぶどうジュース」が出てきたことにクスッとなった。
もちろん主人公は何の事やら分かっていない感じだったけど(笑)

久々の解放感に調子に乗った主人公、何杯もワインを飲み酔っぱらう。
酔い覚ましに中庭に出て歩いていると、つまずき、誰かに助けられる。
ゼル(笑)ゼルが仮面付けてる(笑)
主人公(誰だろー) ←そのまんまじゃんか!笑
ベンチに腰掛け、
ゼル「大丈夫で……大丈夫か?」←笑った

酔っぱらってる主人公は、色々吐き出してしまう・・・
なんでこんな世界にきちゃったんだろーって。
アン王女の話に、手鏡でワープした話まで(笑)
最後には”異世界”という言葉でトドメを刺す!笑
全て言い切った後、主人公そのまま意識途切れる・・・どんだけ飲んだんだよ!笑
ゼル信じられない様子で、お姫様抱っこして主人公をお持ち帰り。
入れ替わりにファリスが。
「バレちゃったか……。さすがゼルだな」
ふふ・・・

翌朝。ファリスが昨夜の記憶がない主人公に、抱えて帰ったのはゼルだと伝える。
主人公、愚痴った内容も覚えていない様子(笑)
いつゼルにバレてることを知るんだろう・・・
そんな中、シミアンからお忍び外出許可が下りたと。
ゼルと一緒に外出です。

next storyはスペシャルストーリー。
ゼルさんの様子が変!?
なにコレ・・・やばそう!!!