ルカルートにはイリアスが登場!
各国に叙任式への招待状を送っているけど、アクアール王国のみ返事が来ていないということで、ルカ・ファリス・主人公でアクアール王国へ行くことに。
本編では貴族4人+主人公でアクアールに行ってたけど、ジョゼフ&ホークはほぼ絡みなしだったから、もはやイベストでは不要ということか(笑)

さて、これはルカとファリスの友情物語でしょうか。
というくらい、前半めっちゃ友情してた(笑)
ファリスはルカにちょっとキツいことを言ったり、アドバイスしたりしてました。

アクアール、つまり私の嫌いなラビスが登場。しかもラビスの娘ドーラまで再び登場(顔なし)。
ニヤニヤしながら「クリステンの貴族は美形が多いのですな」
・・・本編はフローラ一直線だったけど、イベのラビスは・・・そっち系!?笑

イリアスはルカと主人公が恋仲ということに気づいていて、わざと色々言ったり行動する。
伴侶候補に名乗りをあげるとかね・・・どこまで本気かよく分からなかった(笑)
イリアスと主人公が話しているシーンを、ルカは動揺しながらチラ見。
そんなルカを見て、
ファリス「……(主人公)さんとはもう寝たの?」
直球すぎて(笑)
身も心もつなぎ止めて置かないと横から取られちゃうよって。
そんなファリスの言葉を真に受けたのか、ルカ様お部屋で主人公を押し倒す。
優しくないルカの行動に主人公涙目 ←やっぱりファリスのレクチャーが必要だったね…笑
出ていってと言われたルカさん、主人公の部屋から出ると、ちょうどその時ファリスと遭遇。
冴えない顔のルカに
ファリス「……優しくした?」
またも直球(笑)
ちゃんとルカに「恋人の務め」について助言してくれてた。

でも、ルカと主人公の不協和音は続き・・・
ルカはやっぱり不器用だよね。本編ほどの酷さはないけど。
イリアスに近づいてほしくない一心で「お飾り」とかいうことを言っちゃったんだろうけど、主人公は主人公なりに頑張ってるから言っちゃダメな言葉だったね・・・。
ということで、気まずいまま叙任式が執り行われるけど、星結いの泉ではルカの手紙が!
几帳面な性格がよく出ているキレイな文字って…ちょっと興奮(笑)

~ルカ様の手紙~
(主人公)へ
悪かった。お前を守る事ばかり考えていて、肝心なお前の気持ちを蔑ろにしていた。
それに、どうやら俺は不安になっていたようだ。
気持ちは伝え合って終わりではないんだな……
だからもっとお前を知りたい。これからも愛する(主人公)と共にあるために……

伴侶発表の時、ルカはちょっと戸惑っていて、なんかこう・・・もどかしかった!可愛かった!笑
主人公はルカに「ありがとう」と伝えて、皆から祝福されている時に、ちょうど雪が降り出す。
この雪のタイミング素晴らしいですね!
ようやく元通りの2人になって、ほんと良かった。

最後は主人公の部屋で色々お話。
手紙のことや、ルカの嫉妬とか・・・可愛すぎルカ様。
ルカ「心配するな。俺はお前の嫌がることはしない」 ←悶える
そのままベッドへ・・・そしてスチルへ・・・ちょっと切ない顔でキュン。
「(主人公)……お前は俺のものだよな?」
「……私はルカのものだよ。だから、ルカは私のもの、でしょう?」
「ああ、俺のすべてはお前のものだ」 ←この時の優しい表情にキュン。

最後は星結いの糸を結んでおやすみ。
「なんだ、続きをして欲しいのか?」 ←意地悪そうな表情にキュン。

エピローグは・・・
ルカの行動に、血相変えてやってくるファリス。エピまで友情モード満載。
そしてルカの葛藤が可愛い(笑)
落ち着け…耐えろ…
拷問(笑)
とっても面白かったです。