ヴィンセントのストーリー・・・
とにかくライバルファリスが邪魔だった(笑)
最初に断っておきますが、ファリスとっても好きです。
が!ちょっと引っ込んでてって言いたくなった(笑)
ヴィンセント本編でも同じようなこと思ってたような・・・
また登場するのかよ!今はヴィンセントと2人で話したいんだ!って何度思ったことか…
例えば・・・
石に躓いた主人公を助けるところまではいいけど、ずっと肩を支えるな!笑
レッスン邪魔しに来るな!笑
2人きりのお茶に割り込んでくるな!笑

でもこのセリフは好き
「先生が本気でいかないなら……俺がいくよ?」
ヴィンセントのことを先生という辺り、いつ読んでも好きだなぁ。

シミアンのナイスなセリフ
「ヴィンスもそんな熱視線を送っては、姫様が焼け焦げてしまいますよ」
「おやおやおや?ヴィンスの方が焦げてしまいましたね」
必死に否定するヴィンセントが可愛かった。

最初はファリスの挑発に乗らなかったヴィンセントも、
あれだけ色々しつこくやられると、挑発乗っちゃうよね。
すべてはファリスの思惑通りという。

ファリスの歯の浮くセリフ
「美しいプリンセスがそこに佇んでいる様を思い浮かべるだけで胸が甘く震えるよ」
・・・読んでるこっちも違う意味で震えるよ(笑)

当て馬ファリスのおかげで、女神の丘にヴィンセントと主人公2人で来ることができました。
でも、主人公はヴィンセントの過去を気にしちゃう。
女遊び激しかったとかいう噂あったしね・・・気になるよね・・・
・・・今まで何人の女とクリスタル交換したんだ!ってね。
そんな気持ちもヴィンセントはお見通し。頭なでなでしてくれた!
主人公と私(胸が苦しいよー)

個人的に一番好きなシーンはキス前の2人の会話。
ヴィンセント「今の俺は宮仕えの教育係ではない。そして貴方も……」
主人公「プリンセスじゃない……」
ヴィンセント「……いい答えだ」
この”いい答えだ”が好きでした!笑

仮面姿のヴィンセント可愛かったなぁ。
スチルやエピローグより、なによりも仮面姿が一番印象に残ってる感じです。