ルカっちの建国記念日。読んでて楽しかった。
水濡れグラビアイラスト、とっても好き。
なんで・・・なんでルカはピュアなのに色気があるんだろう・・・?
主人公が目をつぶってもキスすら出来ない奥手なのに何故…
主人公(今日も進展なし、か……)←笑った

ルカルートの建国記念日は、お庭でパーティー。
シュメール王国から第二王子トーリが来訪するとの知らせ。
主人公「トーリ王子ってどんな人だろうね」
主人公「ルカ、知ってる?」
ルカ「俺もよく知らん」
私「知ってる」←聞いてない

ほんとに来るの?
来るよ!
豪華な馬車から王子様登場って、トーリさんだと分かっていても興奮してしまう(笑)
きたー!!
トーリ「やあやあ、どーも、どーも。トーリでーす」
どーもー
ゆるい王子様(笑)

サロンでみんな自己紹介。
トーリ
「えーっと、ホークくん!だよね?」
ホークとトーリって合いそう。
「そうそう。ジョゼフくん。で、あとは……」
ジョゼフとは、うーん…どうだろう…
「ファリスくん。俺のことはトーリでいいよ~」
主人公の元カレがトーリみたいな人じゃなくて良かったね。

トーリさん、主人公とルカの関係を聞き出す。この辺超ウケた。
トーリ「こんなかわいい子が恋人なんて!ルカっちやるぅ」
主人公やっぱり可愛いんだよね。
トーリ「いーなーいーなー、どこまでいってるの?」
ファリス「それは俺も聞きたいな」
すかさず乗っかってくる(笑)
トーリ「し放題って感じかー」
ルカ「し放題?」←分かってなくて笑った
トーリ「なるほどねー。ルカっちはマジメくんか」
さすがトーリ。理解早い。
トーリ「主人公ちゃんは恋愛経験豊富そう!」
主人公「ひ、人並みです……」
人並みとは、「お酒強い?」と聞かれて「普通」と答えるのと似たようなものだと思うんだよね。
大輝以外にあと軽く2,3人いても普通に驚かない。あーでも大輝と付き合い長いっぽいから…笑
トーリ「でも、ルカっちはあんまり経験が――」
ルカ「あります」
ありまぁす!笑
ルカ「……両手で足りない、くらいには……」
ファリスその微笑みやめて(笑)
ファリス「じゃあ、経験豊富なルカは交換日記くらいしたよね?」

交 換 日 記 !

ルカ「愚問だ」
ドヤ顔~(笑)
ルカ「交換日記に適したノートを用意していたところだからな」
適したノートとかあるの?笑

何とも言えない表情してるホークとジョゼフに爆笑。

その後主人公とルカ・・・・
ルカ「交換日記は……恋人として当然のことだからな」
ちょっと誰か訂正してあげてよ!笑
みんな面白がってルカを騙したままにしてそう。

交換日記、早速書いてるルカ様。
目の前で読むなとか、ピュア様…かわいい。

ルカの日記の内容は、報告書(笑)
“目を通しながら、これはこれでルカのことがわかって嬉しかった。”
主人公もかわいい…

建国記念日に向けて、ルカの仕事が忙しい日はトーリが手伝ってくれていて。

トーリ王子が主人公に近寄る目的なんてただひとつだよなぁって思ったけど、
ルカ続編でしかトーリさん出てきてないから何も言えない。

主人公とトーリは仲良く共同作業する。
トーリ「あ、主人公ちゃんが持っている飾りだけど、高いところだし俺がやろうか?」
何故かこのセリフに萌える。
主人公、平気と言いながら椅子に上がり飾りつけようとする。
トーリ「はは、全然届かないじゃん」
何故かこのセリフにも萌える。
その後ささっと飾りつけするトーリがイケメンに見えてきた。
そして、絶対くる~と分かっていてもキュンとするシーン↓
椅子から下りようとした時にグラついた主人公を支えて(抱きしめて)降ろしてくれる。
何でだろう…私恋に落ちそうになった。※ルカルートです

そんなシーンを見ていたのはルカ。
キスしてるって勘違いしてた。あはは。←笑っちゃいけない
ファリス「すごい殺気だけど、何事?」
殺気出してるんだね(笑)
ファリス「あー、浮気現場見ちゃった?」
浮気現場(笑)
この辺、普段の2人の宮殿生活が想像できる感じがして…なんか…良かった。満足。

そして、主人公を避け始めるルカっち。
主人公から交換日記を受け取り、読んでいた時に「トーリ」という名前を見つけた瞬間パタンて閉じる。

その後も主人公とまともな会話をしないルカっち。
トーリが現れると、その場を離れる。笑っちゃいけないけど可愛いくて笑う。
そんな2人をみたトーリさん、追いかけていいよって。イイヤツ~
トーリ「あとでお願いをきいてくれたらそれでいいよ」
お願いとは…なんだろう。

ルカに駆け寄る主人公。
ルカが突然ビックリしてて何でだろうと思ったら↓
ルカ「なっ、お、おおお前ドレス……あ、足が見えて!」
そんなことに驚いていたんだ(笑)
主人公「ああ、足ね。平気だって、下はいてるし。ほら」
ほらって変質者か(笑)
主人公はルカに何かした?って聞き出す。
するとルカ、トーリ王子に心変わりをしたのだろう?って。口づけをしてるのをみたって。
ピュアなルカはいつだって真剣なんだな。なんかキュンとした(笑)
主人公が日記読んで(選択肢)と言い、その場で誤解だと分かる。
いつものルカに戻って安心している主人公も大概可愛い。

建国記念日当日。
主人公とルカの元にトーリ登場。
仲直りできて良かったねーって。
ここにきてトーリのお願い。
トーリ氏、手を差し出して王子様らしく腰を折り
「プリンセス。一曲お相手していただけますか?」
きゃあ!笑 …ここできゃあってなった私はもしかして少数派?
それを制止するのはルカ。
主人公は体調がすぐれないからって言って、その場を離れる。
そんな2人を見つめるトーリの元にファリスが。
ファリス「トーリ王子、ルカ=サヴィーニが大変失礼をいたしました」←これ好き
トーリ「ねぇ、俺ってもしかして当て馬?」
ファリス&私「ふふ……そうですね」

いい当て馬役してたよ。楽しかったよトーリくん。ありがとう。

ラストはルカとダンス。
ルカ「実は、お前が……初めて、だ」
知ってる。
ルカ「だから、こうして女と付き合うのは…お、お前が初めてだと言っている」
知ってる。可愛い。
主人公の「人並み」が気になって仕方ないところ、ほんと可愛い生き物。
そして主人公、口が上手いと思った(笑)
「私だって……ルカといたら緊張するし……そういうの経験の問題じゃないから」
「ルカと付き合うのは初めてなんだし……どうしたらいいかなんて、私だってわかんないよ」
うまい。
そして甘いキスシーン。(省略)
最後は交換日記の話に。
次は主人公の番だけど、ルカが書き直すって。
どこまで可愛いんだろうか。
ストーリーはおしまい。

ルカが書いた日記の内容はエピローグで読めます~
主人公のことが好きだーって伝わってくる内容でした。
エピローグの内容
・ファリスから助言を受けてた(笑)
・キスシーン手前からのルカ目線。
・トーリとお別れの挨拶シーン。
トーリ「ホークくんとはまたいろいろ語りあいたいな」
やっぱりトーリとホークってすごく仲良くなれそうだよね!簡単に妄想出来るよ!
・サロンで4人と主人公が交換日記のお話。
・最後は2人きりになり、素直な気持ちを伝え合う。
そしてキスシーンでエピローグはおしまい。

最後に一言:シュメールへ行ってみたい。