ミラプリ シミアン 14話(1-5)の感想





※全文ネタバレなどはしません。ただの感想です。
(選択肢については別の記事(下記)で案内しています)
シミアン攻略

「光のみちしるべ」…シミアンがいるから主人公は光になれる

予告通り、シミアンは牢屋行きだった・・・
牢へ入れられる直前、ヴィンセントが声を掛ける。
「お前の『守る』とは……これが結論か?」
「ヴィンス。私のプリンセスは、守られているだけの存在じゃないんですよ」
…ほんとに主人公のこと信じてるんだなぁ。

一方主人公は、シミアンがいないことへの不安感から悪夢までみてた。
目が覚めた主人公、ご褒美の飴を思い出す。
瓶いっぱいの飴。最後に貰った飴は『いつまでもお傍に』バージョン…
切ない・・・その時、最後の飴の上に包み紙をまとった飴が。
なになに手紙?
包み紙を開くと・・・イルザルの指輪!!
ここで指輪登場とは・・・
指輪に込められたシミアンからのメッセージに胸が詰まる主人公。

主人公(シミアンと一緒になりたいからって、プリンセスの役目を投げ出すのはダメだ)
前向いたー!!良かったー!
シミアンキャンディー『いつまでもお傍に』バージョンを口に含む主人公。
いいね!
主人公(シミアンだって……この世界だって……ぜんぶ救ってみせる)
「いつまでも傍にいてもらいますからね」
やっぱり前向きな主人公がいい。

そして主人公が向かった先は地下牢。
え、シミアンに会うのか。ちょっとビックリ(笑)

後半へ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。