ミラプリ シミアン 5話後スペシャルストーリーの感想





※全文ネタバレなどはしません。ただの感想です。
(選択肢については別の記事(下記)で案内しています)
シミアン攻略

「優しさの理由」…スチルかっこいい。

王家所有の別荘へ旅行へ行くことに。
メンバーは、主人公・シミアン・リタ・マリー・フローラ・ヴィンセント・カミル。
カミル・・・初登場!?色んな場面で見るからいつが初登場なのか分からなくなってくる(笑)

別荘につくと、ヴィンセントが分刻みのスケジュールを。
シミアン「それじゃあパンツファイヤー(※キャンプファイヤー)出来ないじゃないですか……」
ヴィンセント「さっきから言っているそのおぞましい行事はなんだ」
確かに…おぞましいな…笑 主人公がしっかり説明してくれてた。

初日は、時間も遅いしディナーを作ろうということに。
このシーンのカミル可愛かった。

シミアンはほんと心配性だなぁと思うシーンが続く。リタに対しても、主人公に対しても。
主人公、マリーとの会話で、シミアンの気遣いは全部仕事なんだ…と思っちゃう。
食事の場でも、本当に”主”を大切にする人…と思う主人公。
うん・・・どうなんだろう・・・・・
そんな主人公、外でぼーっとたそがれる。
色々思うところがあるんだろうなぁ。そんな時、桶を持ったシミアン登場。

シミアンは、リタの酔い覚ましの水を岩穴にある川に汲みに行くということで、
主人公もついていくことに。
リタの事を困った妹と言いながら、それほど困ってるように見えない。
主人公(私も同じように、”世話を焼かれている”のかもしれないな……)
うーん・・・まだシミアンの気持ちがなんとも…分からない。

そして岩穴に到着。洞窟になっていて、進んでいくと川が。キレイそうだなぁ。
桶にたっぷり水を汲み、帰ろうしたその時、シミアンの上方から小石のようなものがパラパラ…
これ、やばいやつじゃ・・・
案の定、入口の岩が崩れ落ちたけど、2人とも無事。
主人公が咄嗟にシミアンの手を掴み庇ったから。
ただ、2人ともバランスを崩して倒れちゃったので、水を頭からかぶる。
シミアンは主人公の無事を確認し、真剣な顔つきに・・・!シミアンのセリフは憤りさえ伝わってくる。
・・・主人公第一だからほんとに庇ってほしくなかったんだろうなぁ。

そして濡れた洋服を着たままだと風邪をひいてしまうから…
「もうすぐ叙任式で伴侶を選ぼうというお方が体調を崩したら大変ですから」
・・・やっぱまだ主人公の事なにも思ってないのかなぁ・・・
シミアン、洋服を脱いてください、と。
真面目な様子のシミアンなので、主人公も大人しく従うけど、寒い。
そんなタイミングで、自分のジャケットを掛けるシミアン!
主人公、先ほどの”伴侶”という言葉が引っかかって、色々考え込む。私も。

シミアンは、ヴィンスあたりが異変に気づいて助けに来ると思うと言い、座って待つことに。
そこで主人公、シミアンもかなり水を浴びていることに気づく。
大丈夫というシミアンに全然大丈夫じゃないと主人公。ジャケット着ないなら私も着ないと。
お互い譲らない・・・ケンカしないで…笑
主人公わかってるけど、『私が主だから』自分の身を犠牲にしていることが、今夜はやたら悔しいと。
うんうん・・・実際のところ、どうなんだ・・・・

するとシミアン「では、素直になってみましょうか」

スチルシーンの始まり!!!
カッコいい!!

主人公をギュッと抱きしめる。なんと!!
「これならばお互いに温め合えるでしょう」
「あなたが引かないのならば……今夜は離しませんよ、プリンセス」

ドキドキ!…でもそんな言葉と裏腹にそんな切なそうな目しないで・・・

next story、幼いシミアン!?幼い頃のシミアンっぽい男の子が座敷部屋にいる…!
シミアンの押し殺している感情、過去が少し分かる…かも?
『仕事』じゃなくても、傍にいてほしいから……