ミラプリ 「プリンセスのFirst Night」ルカの感想





ルカルートは、お母様のことが分かり、良いストーリーだった・・・
主人公がルカを想うシーンは胸アツ!今回のイベで一番良かったと思ったストーリーでした!

初っ端、ルカの口からお母さま亡くなったという言葉が出た時、本編と設定変わるの!?と驚いたけど、
本当の話をちゃんと主人公に伝えるシーンが本当に良かったです。
つまり主人公がルカを想うシーンが胸アツ!(また言ってる
そして、シミアン。今回、重要人物の1人だと勝手に思ってます!
シミアンのセリフは心にしみた・・・涙

ストーリー内容は・・・・

主人公の部屋でイチャイチャしてるところに、お約束のお邪魔虫シミアン登場。
シミアンに、婚儀まではBまでと釘を刺されるけど、
純情ルカ様、Bの意味を知らない(笑)
懐妊の話を振るだけで真っ赤になるルカ、ピュア過ぎるわ!

さらにジバンシアに向かう途中の馬車シーン。
主人公が仕事熱心なルカ好きって言うだけで、
「こちらを見るな」と赤くなる(笑)
なんだこの可愛い伴侶は!

ジバンシアに着くと・・・クラウス様っ!
駆け寄ってきて主人公を抱きしめて、そして頬にキス・・・
キャーーー!!←大分色々補正がかかってます(笑)
ジバンシア流の挨拶です。

ジバンシアでは2人同じ部屋なので、シミアンから改めて釘を刺される。
シミアン「Bですよ」
ルカ「Bだな」
シミアン「Bです」
主人公(真面目な顔で何言ってんの……)
このツッコミがたまらない(笑)
・・・ルカ、Bの意味分かったのかな?
・・・いいえ、この時も分かっていませんでした。分かってないのに「Bだな」ってヤバイ(笑)

夜のベッドでのシーンも楽しくて、
甘いシーンでのシミアンのくしゃみにも笑ったけど、
一番はルカがすぐに寝たこと(笑)
こんなシーンで寝るのかよ!さすがルカ様。

身分の差がないジバンシア。クリステンの身分の差をなくしたいルカ。
というわけでクラウスの計らいで、とある場所に連れていかれるルカと主人公。
髪アップのクラウス好きすぎる!(何回だって言うよ!笑
しかもクラウス様、街のみんなの名前を覚えてるし。
あー攻略したい(笑)…というもどかしい気持ちは横に置いて、
クラウスが見せたかったものは、パンの材料になるジバンシア特産ウィート…ではなく、
貴族も王族もみんなジバンシアのために畑を耕し収穫を喜ぶ、そういう光景。
実際にルカにもそういう環境にふれてもらいたかったんですね。
ルカにとっては良い収穫でした。

帰り道、街でルカは自分の母親に似た人を発見し、
思わず「母上!?」と言ってしまう・・・
これがきっかけでルカは元気なくなるけど、待ってました主人公の出番です!!
部屋のバルコニーで主人公とルカの会話。
本当にこのシーンいいと思う。お母様のことを聞き出すまでの会話。

ルカは主人公に弱い自分を見せたくなくて、お母様は亡くなったと嘘をついたけど、
本当は生きてること、身分が低い故に周囲から色々言われ心病んでしまったことを話す。
お父様はそんな状況からお母様を解放、つまり離別。
そして、ルカは今でもお母様のことを探してて。

元々ルカが王位にこだわっていた理由は、身分の差をなくすために王位が必要だったから。
だから主人公を利用してたんだって話す。

そんな気弱になってるルカに、主人公は最高!!
「ルカは強い」っていうセリフ・・・
「いいえ、簡単です」っていうセリフ・・・
私、ルカルートの主人公も大好きです!(一番はファリスルートの主人公…笑

いいなぁこの2人…と微笑みながら読んでたら、シミアンが微笑んでた(笑)
「アン王女、どうやらお二人の絆は固いようです……」
「私もそろそろ、姫様離れをする時期かもしれませんね」
シミアンのこのセリフ!
シミアン本編読んでる人なら、グッとくるシーンだと勝手に思ってます。
こういう他ルートでアン王女に絡んだシミアンを見てみたかったから、
そういう意味でも今回のルカルートとっても良かった!

ジバンシアを去る時にクラウスが「ルカ」って呼ぶシーン、
見守ってくれてる感がハンパない!クラウスさまありがとう~!
「ルカを支えられるのはプリンセスだけだよ」
うんうん!

その後クリステンに戻り主人公の部屋で、「分かったことがある」とルカ。
「Bの定義だ」
え、まだそれ引きずってたの?笑
「意味が分からず、ただ耐えていたが」
ずっと考えてたと思うと笑える。

甘い雰囲気になった時に、いつものシミアン登場。
主人公、どうしてもルカと一緒に居たくて、
まさかの・・・いやまさか・・・
ドレスの中にルカを入れた・・・・
いいの?色んな意味でいいの!?そんなことやっていいの!??笑
想定外のことをやってて、ちょっと待った主人公!って叫びたくなる(笑)

シミアンは気づいていましたが、もう姫様離れをするから・・・
このシーンのシミアンも、シミアンの気持ちを思うと胸がちょっと苦しい。
ありがとうシミアン!

というわけで、朝まで2人きり。
ルカはドレスの中に隠したことを真っ赤にして怒る。
うん、怒っていいと思う(笑)
でもここの選択肢は良かった~!

最後は・・・緊張したルカ様。可愛すぎてやばい。萌える。
そして主人公がリード(笑)
エピローグへ。
えっと・・・主人公目線のルカの方が可愛い。
緊張してるし、主人公の過去を聞き出そうとして結局聞かずに落ち込んでる感じがめっちゃ可愛い。
一線超えた後の「ひと通り理解した」はルカらしいと思った(笑)
Bの定義のように、ひとつずつ覚えていくキャラですね。
カレ目線はいじられる(笑)
もちろんファリスが放っておくわけないから!
ファリス「…………」ニコッ
ファリス「…………」ニヤニヤ
この無言ね(笑)
ここからのファリスのセリフ、そして途中で気付くホークの「おめでとう」に爆笑。
それに対するルカの心の声と、最後まで何がなんだか分からないジョゼフの絡みが大好き!笑
最後に、しばらくルカは理性を保たないとね(笑)
そんなルカに対する主人公の対応が大人でいい感じだったし、最後のルカの心の内がやっぱり王道でした!



ミラプリ 「プリンセスのFirst Night」ルカの感想” に対して1件のコメントがあります。

  1. いっちゃん より:

    ルカルート、シミアンが良かったですぅ~!!
    カトちゃん並みのくしゃみなんて、爆笑しました(笑)

    そしてルカ、誰にBの定義を聞いたんだろう・・・
    ファリスなわけないし、まさかエミリオ?!なわけない(笑)
    それが気になりました(笑)

    クラウスの配慮で同一の部屋になったときの
    シミアンの表情、悲シミアン過ぎる(笑)
    そのあとのルカとの会話も爆笑!!
    シミアンが、アン王女に対して独り言を言うところなんて
    切なくて・・・
    クリステンの主人公の部屋で、ルカがいるのを分かった上で、
    「私の都合ですので」っていうあたり、
    このイベでは、シミアンは主人公を好きなのか?って勝手に解釈。

    エピでのルカは、もうおめでとう以外にない(笑)
    みんなにも祝福されて良かったね、ルカ!!
    ひと通り理解したから発情期ってことで(笑)
    でも馬車の中ではやめとけよ、って思いました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。