ミラプリ シミアン 4話の感想





※全文ネタバレなどはしません。ただの感想です。
(選択肢については別の記事(下記)で案内しています)
シミアン攻略

「あなたがいるなら」 …最低マエトロ!…名前違うけど気にしない。

ガルシアへ。
シミアンは、ラッセン家も訪れる=リタも来るそうなので、真面目モード(笑)
ガルシアの町並みは華やかさが漂うけど…心動かされない感じ。
シミアンに本当に真面目ですねと言うと、
「えぇ、ノーパンツデー、略してノーパンデーですから」
町の人々に囲まれている中で言うなんて……この人…笑

何でシミアンはリタが来ることが分かったかって、ファリスも来るからです。
主人公、最初は?マーク。…リタ、このルートでもファリス大好きなんだな(笑)
結局リタが、ファリスを泊りがけでお世話できるなんて、こんな幸せ~(略)
と言ったので、主人公も理解。
さらにリタの大胆なセリフ
「私、今回の出張を足掛かりにいつかファリス様との甘い時間を過ごせるのを夢見てるんですよねー」
・・・それは胸の内に留めておいて!笑
シミアン「メイドとして、そういう打算まみれな発言はどうかと思いますよ」
リタ「年中下着のことしか考えてない執事よりはマシよ」
・・・どっちもどっち(笑) さすが兄妹。

そして公務当日。
ガルシア町長の名は「マルテロ=カンチェリエーリ」です。重要です(笑)
高級な装束を身にまとい、終始笑っているけど、好感がもてない主人公。
パーティー会場も華やかで、とっても豪華そう。主人公は、この町はほんと裕福なんだなぁと思う。
会場にはファリスも。

パーティー中、貴族に囲まれる主人公をスマートに助けてくれるのはやっぱりシミアン!
ほんと流れるような仕草でステキ。

そこへ、揉み手をしながら近づいてくるマルテロ町長。(なに?ゴマすってんの?笑
マルテロは延々と自慢話。ウザイな。そして、大きな悩みを抱えてると主人公に相談。
町の外れに住む人間たちが、身分の向上を求めて度々騒ぎを起こすと。
平和のために鎮圧に協力してくれない?と。

主人公困って作り笑顔のままでいると、シミアンがフォローしてくれる。
するとマエトロ「使用人ごときが口を開くな」
・・・・・カッチーン!!シミアンを擁護するよ!(正解です)

擁護してくれた主人公のセリフ後のシミアン
「お二人の会話のお邪魔をして、大変失礼いたしました」
「ですがカンツォーネ様、私の使命はこちらにいる(主人公)様をお守りすること」
「どうかご理解ください」
・・・正しい名前何だったっけ?

「私の名前はマルテロ=カンチェリエーリ。カンチェリエーリだ!!」
あー・・・

そしてマルテロさん、まるでプリンセスをたぶらかしているみたいな言い方はやめろと。

「滅相もございません、パンツォーネ様」
「ただ私は姫様に現実を知り、己の頭で判断していただきたいのです」
パンツォーネと言われたマルテロさん、血管浮き出てきた。…高血圧で倒れちゃうよ!

案の定、失言するマルテロ。シミアンニヤリ。
どういうこと?と主人公尋ねるけど、マルテロは口を閉ざしたまま。
ファリス「つまり、プリンセスを騙して、自分の私利私欲のために協力させようとしたったことでしょ」
良いところで出てくるファリスー!!
「ガルシアがこんなに煌びやかなのは、市民たちから根こそぎ税金を吸い上げているからですよね」
ふふ。ファリス…

マルテロは開き直る。最低だなおい!
主人公「マルメロさん、悪いですけどそんなことに協力はできません」
マルテロ「マルテロだ!」
・・・主人公、マルメロはないわ(笑)

マルテロは悔しそうに去っていき、ファリスはやっぱり素敵だった。
主人公お屋敷を出て、シミアンに許すどころか感謝の気持ちしかないと伝える。
道を踏み外さないように気を配っていてくれて、この世界で生き抜くためにはシミアンが必要不可欠。
でも頼りっぱなしでもいけないから・・・
可能ならガルシアの街のはずれに行きたいと主人公。
「『真実』を知るために力を貸していただきたいんです」
「どこまでも、ついていきましょう」 …いいねこの関係。

主人公に届かなかったシミアンの呟き
「『あの日』から、私の仕えるべき主君はあなただと決まっているのですから」
・・・あの日って主人公が鏡で入り込んだ日?もしかして違う…?

その頃マルテロ。シミアンのことを王室の犬とか言ってた。最低!
マルテロの部下が、シミアンは宮殿の執事長だから直接手を下すのは困難だと助言。
そして、シミアンの妹がこの町に来ていることを伝えると、マルテロの濁った眼が光る。
「見ていろ、たかだか使用人の分際で。このマルテロ=カンチェリエーリ様に逆らうと~(略)」
下衆!下衆!!
そんなマルテロの下品な笑い声を廊下で聞いてるファリス(とギルバート)でした。
「なんか、嫌な予感がしたんだよね」
「あんまり柄じゃないけど、聞いちゃった以上はしょうがないよね」
ファリス!ファリス!!

next story、いつも守られてばかりじゃダメだから、私の背中、押してくれますか?
ファリスはきっと裏サポート役だよね。



ミラプリ シミアン 4話の感想” に対して1件のコメントがあります。

  1. あや より:

    おとさんこんにちは!初めまして!にこにこ
    いつも声に出して笑っちゃうぐらい毎回楽しく勝手に読ませていただいてます。笑
    おとさんのツッコミとか書き方が面白くて、自分で物語を進めるよりもこのブログを見る方が楽しみになっちゃったほどですw
    これからも頑張って…というのは何か変ですが、また読みたいと思ってるので期待してます!…失礼しました!m(_ _)m

この投稿はコメントできません。