※全文ネタバレなどはしません。ただの感想です。
(選択肢については別の記事(下記)で案内しています)
ルカ攻略

テンション上がってしまい、ユリウスから落ちそうになる主人公。
もちろんルカがしっかり抱きとめてくれる!
「阿呆が!」と言っているけど、何か嬉しそうな声で・・・あぁ!キュンとする。

向かった先はお花畑。
ルカに腰を持たれ、ユリウスから降りる。
もう・・・乗馬はずるい!もうなんだよその行動!ドキドキが止まらない。

この場所に初めて来た気がしない主人公。(夢の中のお花畑と一緒だもんね)
ちなみに、このお花畑はルカの大切な場所らしい。
ここからの会話はとても好きだった。
照れたルカにキュンとした。

この場所をどうやって見つけたの?と問いかける主人公。
ルカ「幼い頃に、父と祖父と口論になって家を飛び出した時に見つけた」
主人公、ルカのお父さんたち厳しそうだもんね、と。
ルカ「知らないくせに何を……」
主人公「女子の情報網を甘くみないでよ」 ←やっぱり主人公最高。

でも主人公ちょっと聞いちゃマズイ事聞いちゃう。
お母さんってどんな人なの?と。
ルカのお母様は、ルカが生れて間もなく家を出て行ったとのこと。
離別していて、顔も知らないと。なんとまぁ…複雑だったんだ・・・

謝る主人公に、ルカはいちいち気にするなと言いながら、柔らかく微笑み… ←え、ちょっとドッキドキ
「まさか、お前にこんな話をするとはな」

主人公(い、今の笑顔は……反則!)
私もそう思う!笑

そして、ルカまた本を読み始める。
それを見た主人公、こっそり作った花の冠をルカの頭にのせちゃう。
王子様みたい!と思う主人公。かわいい。
ルカ「……何をした」
・・・怒った?

ルカ「こういうのは……」
とため息をつき、立ち上がる。 え?
ルカ「お前に似合うものだろ」
と主人公の頭にのせる・・・・・・

あ、あ…これやばい。落ちるわ。恋する○秒前だわ。

主人公、気のせいじゃないよ。ルカは確かに優しくなってるよ!

そして主人公、ルカの開いている本に目を落とすと、しおりに目が奪われ、曖昧だった記憶がよみがえる!
王子様みたいな男の子にしおりをあげていた・・・
うわぁドキドキ・・・
主人公「じゃあ……ルカは、あの時の……」
呟くと同時にルカを見る。
その瞬間、ルカも察したように目を見開く。
ルカ「まさかお前・・・・」

何も言えなくなる2人……で終了。

運命っていうやつか!

次はスペシャルストーリーです…!
ドキドキ感はもちろん、ルカの考えや思いが分かる超重要なストーリー。