ミラプリ ジョゼフ 11話後スペシャルストーリーの感想





※全文ネタバレなどはしません。ただの感想です。
(選択肢については別の記事(下記)で案内しています)
ジョゼフ攻略

はい。スペシャルストーリーです。ジョゼフとのデートです。
「タイトル:決別のキス」
タイトルからして切なそうな雰囲気出てますね。

主人公、気合入れてオシャレ!
ジョゼフの元に向かう主人公を見送るシミアンの一言
「さてさて、我が主の恋の行方はどうなるんでしょうね」
ほんとそれ。どうなるんだと気になって仕方がない。

ジョゼフー!と駆け寄る主人公があまりにも可愛くてジョゼフ顔を背けちゃう。どっちも可愛い。

ジョゼフ「アンタ、可愛くなった?」「あ……今の、ナシで」
主人公「無理」
ジョゼフ「即答かよ」
主人公「だって、嬉しいから」
ジョゼフ「…そう」「あー……ナシって言ったの……やっぱりナシで」

このくだり、いいね!久しぶりに明るい未来が見えた。
主人公 (何!?この可愛い生き物は……!)
いやぁ可愛い!2人とも可愛い。

エスコートの手が差し出されて、いつも通り握ると、
・・・恋人繋ぎに握り直された…!ドキドキ!
ジョゼフってそういうこともするんだなぁ。

街の屋台で買ったクレープを食べるシーン。
ジョゼフ「食べる?」
主人公「かじっちゃっていいの?」
ジョゼフ「……あーん、して」
主人公(なんですと!?) ←面白い反応だな(笑)

「あーんして」はタカの入れ知恵だったようです。ナイス!タカ!

主人公、最後に行きたい場所があると言って、あの思い出の森(4話)に。
ここで色々とお話。
2人とも置かれた境遇に対して辛かったけど、お互いに理解し、共感してくれた。
主人公もう泣きそう。でも、ジョゼフのために。声が震えないように。
「あの約束さ、もう終わりにしよっか」
「(叙任式で)もしジョゼフを選ばなかった場合……手の届く範囲にいるのは難しいでしょ」
「わざわざジョゼフじゃなくても・・・・・・・・
この続き苦しいのであえて書きません…

ジョゼフ「……なに、俺……フラれること前提?」

あーやだよーもう見たくないよーと思いながら読み進める私・・・

ジョゼフ「いいよ……じゃあ、一旦保留な」
というところで、ジョゼフの腕の中に・・・
想定外だった!びっくり!

ジョゼフ「約束は保留でいい……でも……俺を選んで。絶対に幸せにするから」

・・・オーマイ……この「幸せ」の意味を考えると切ないよ・・・

主人公は、ジョゼフを選ばないと決めているので答えない。
ジョゼフは主人公が答えないのを知ると、「もう帰らないと」と言って表情を隠すように歩き出す。
本当切ない。
でもすぐに立ち止まって、主人公の方を振り返る。
あーもうダメだ…涙

主人公は涙と一緒に愛しさが溢れて・・・・
「ジョゼフ……ッ」と駆け出して、ジョゼフに抱きついてキスを。

ジョゼフは真っ赤になって驚いていて…、それがおかしくて、可愛くて、愛しくて・・・

主人公ーーー!泣かないで…(涙)

「今までありがとう、ジョゼフ」
と言って、もう二度と寄り添えない覚悟で走り抜けていきました。

ジョゼフの呼び止める声にも振り向かなかった。
・・・・・・・振り向けなかった。

切ないスペシャルストーリーでした。
ちなみにスチルはもちろんキスシーンです。
主人公、ハッキリと顔はないけど可愛い!かも!
PVの主人公とは雰囲気違うけど、同一人物として描かれているのかな?
ジョゼフとお似合い。
スチルの髪型いいな。