※全文ネタバレなどはしません。ただの感想です。
(選択肢については別の記事(下記)で案内しています)
●ホーク攻略

『動き出した秒針』

クリステンに戻って来て、元の世界に帰った時よりもホッとしている主人公。
しかも、元の世界に前ほど恋しさを感じていない。
自分の気持ちに気づいてる主人公。
「明日もあさっても……ホークと一緒にいたい」

そんな自覚はよそに、事態は急展開。
主人公、宮殿に戻ることになったとシミアンから告げられる。
シミアン「私も姫様のお気持ちを察し、断固として抗議したのですが……心の中で」
心の中で…笑 役立ってない(笑)
ホークルートのシミアン、とっても面白い。あまり登場しない分余計に。

宮殿に戻ることについて、国王とお話。
このままベルベット家に居続けるのは、他の貴族が黙っていないということで。
国王は主人公の気持ちお見通しのようですね。
主人公、ヴィンセントから明日一日オフだと伝えられても、
ホークと離れることの方がいやで、ため息ばかり。

そして、ホークが待っているサロンへ。
ジョゼフが焼きたてのお菓子を主人公にすすめてきた!!!
危険だ・・・まぁ多分ルカのおかげ?で食べずにすんだ(笑)
ファリスは相変わらず主人公で遊んでる。
明日オフなら色々教えてあげるよとファリス。
ルカ「ファリスが教えられるのは遊びだけだな」
さっすが、キレッキレのツッコミ。
そんな中、ホークが「帰ろっか」と。
ファリス「あれ、もしかしてヤキモチ?」
ホーク「うん、そうだよ。ファリス、(主人公)ちゃんと距離が近すぎ!」
キャー!!!ファリス色々ありがとう!

場面変わり、ホークの書斎で宮殿に戻ることになったことを話す主人公。
この時、ホークは口を挟まず、じっと聞いてくれる。ステキだなぁ。
そしてホーク、コーエンジに行くことを提案。2人きりの休日にしようって。
というわけで早速コーエンジ行っちゃいます。

主人公、狭い部屋だけどくつろいでと伝える。
「ありがとう。えっと、ここに座ればいいの?」
ホークが座ろうとした先はテーブル(笑)
誰がこっちの世界に来ても面白いね。ホークの場合は可愛い。

さて、寝る時間になりベッドが1つしかないことに気づいた主人公。
ホークは床で寝ると。→主人公ダメ
じゃあ夜の間俺だけクリステンに戻ろうか?→それはもっとダメ
主人公かわいすぎ。
ということで、ホークは結局床で寝ることに。
「俺も男だよ?何かしないとも言い切れないしさ」
ウインクしながらそんなセリフ言うなー笑

結局寝付けない主人公。
でもホークが動く気配がして、寝たフリする(笑)
ホークが主人公の髪を撫でております!
見つめているようです!
ドキドキする・・・
その時・・・
ホーク「(主人公)……」
まさかの呼び捨てきた・・・
が!
初めて呼び捨てにされたことより、ホークの声があまりにも切なそうだったって・・・

シン…として終わった・・・。

next story、莉子ちゃんと再会。
なんかホークは主人公とのお別れを意識してるのかな・・・