創一『微笑みの意味2.』まで読みました。

創一あんなに拒否しているのに、
上司は仕事のためって・・・
主人公も仕事のためって・・・
仕事仕事仕事!
もう、タイトルを「仕事のために」にすればいい。
と思ったくらいでした(笑)

週刊誌に創一と女優の2ショットが載って、胸を痛める主人公。
小鳥邸のみんなも、ひどいと言ってくれます。

その中での文太の一言
「〇〇(主人公の名前)、大丈夫?」

私はこの言葉にキュンとしました。
もしこの状況で、創一・文太・主人公の3角関係が勃発していたら、
私は絶対文太になびいてしまう(笑)

もちろん、創一も主人公のことを一番に、大切に思っています。
それはすごく伝わってくるんですけど、主人公も耐えているんですけど、
見ている私は、ショック受けています…笑
そんな時に別の誰かに優しい言葉かけられたら、ウルウルなっちゃうわ。

主人公、我慢できるなんて良い子。
創一を応援 = 創一の仕事も応援。だから我慢する。
でも実際苦しいよなぁ。うーん、難しい。
千尋さんストーリーの主人公の性格とは違う部類の良い子です。

私はやっぱり千尋さんとその主人公が好きです。