乙女ゲーム的視点から司先輩を見ると、
とても攻略したく・・・いや、攻略されたく・・・

料理漫画です。

今週はそれぞれの皿を実食。
2nd BOUTの結果は人選的にも流れ的にも想像通りだったので、特に何も思わず。

この連隊食戟の最後は創真orえりなが司or竜胆とバトルしそうなだぁと思うのですが、
その前に立ちはだかる他3年生(斉藤ともも)に勝てそうなのは・・・
一色かえりなくらいかなぁ・・・この2人あまり料理描写ないから何か隠し持ってそう(笑)
・・・うーん、戦力的に葉山黒木場アリスの3人トリオ欲しかったなぁ…

さて、2nd BOUTの実食は、反逆者軍(女木島・久我・美作) → 十傑側(司・竜胆・斎藤)という順番で食してました。

審査員の方々、反逆者軍の皿を美味しそうに食べる。

中華専門の久我先輩がフレンチ技法を取り入れていたりしていて、
「久我って誰とか言わせやしない」と司先輩に言う。
あ、回想シーンで私のお気に入りの一コマがあって嬉しかったです。
可愛い酷い司先輩…これ→『くが………? ………誰だっけそれ』

すると司先輩は
「…ほんとうに今までの久我とは違うな。凄いって思うよ」
 ↑
あまり凄そうに思っていない気がする(笑)
と思っていたら、

「……だけどそんな努力だけで超えられるほど俺たち3年生は弱くない……かも」

お?・・・これ、くる?
・・・次のページ司先輩くる?
え、この引きくるよね?!…ドッドキドキ…むり…いや、ムリ!←さっさとページめくれ

ページをめくると、
審査員のアンがおはだけというか、今までのおはだけとは違うおはだけしてる・・・
まさにドクン・・・

ここからめちゃくちゃ司先輩が攻める。攻めてる・・・人格が・・・ナチュラルな、無自覚なS・・・

司先輩はアンに、次は4種のピュレそれぞれと同時に口にしてほしいと言うけど、
一口で超刺激を受けていたアンは「ま……!待って下さい。今…これ以上(略)」と懇願する。
エロい(笑)

料理のことしか考えていない司先輩「それだとこの品は完成にならないので…」

「はやく味わってくれないと俺が困りますから」
「さ」
「どうぞ………!」

とアンの口にスプーン持っていき食べさせたーーーーーーーーーー!
キャーーーーーーー!!!!
う、、私、生きててよかった

次のページめくると、2nd BOUT終了していて、閑古鳥が鳴いてそうな雰囲気で、
私の心もその雰囲気と同じ・・・魂抜けたような・・・

でも、最後のページまで司先輩がいてキャパオーバー

「さて………幸平」
「次はお前が上がってくるの?どうする?」
「ごめんな?せっかく集めた仲間なのにな」

はぁぁあああセリフの煽り方……むり(*´∀`*)
悪気なく言っているところが本当タチ悪い(苦笑)
中でも「ごめんな?」←ごめんな?って・・・

ごめんなボイスくださいm(__)m