薊さんの顔が・・・何個も・・・
この漫画はホラーなのか・・・ギャグなのか・・・
こわい(笑)
生気のない目をした中等部の人たちもこわい(笑)

創真とえりなの進展が気になる。めちゃくちゃ気になる。
妄想を広げさせる終わり方が素晴らしかったです。

司先輩が超出てこない限り基本的にソーマのことは書かないけど、
今週は・・・竜胆先輩に押されてた司先輩「あうっ」に萌えたから書いておこう。

司先輩はあがり症で表舞台に立つのは苦手。
だけど、代わりにやってくれる人がいないので、
仕方なくテレビカメラの前で進級試験について説明し始める司先輩。
録画されていて、遠月のあらゆるTVで流れる。生放送的な感じ。

今までの進級試験は強者だけが生き残れる。弱者はふるい落とされる。
最初の合宿と同じ感じ。
ちなみに昨年は190名から76名まで減った。

でも、セントラルでは指示通りにやれば、誰もが合格(進級できる)。

裏を返せば、セントラルの意向に反する者は退学。
薊サイドではえりなをぼっちにさせる作戦がちゃんと進行されていたんだな・・・

司先輩
「薊総帥の方針に従おうとしない生徒に関してはどうなるか理解してもらえるって思う」
ああ・・・
司先輩が悪い顔してて・・・
好き。
できれば、いつか司先輩と竜胆先輩セットで悪い顔して・・・絶望感を味わいたい。

と思っている中、
早速絶望感に浸っている極星寮の皆様方&にくみ&緋沙子。(伊武崎君&創真&えりなは除く)

創真は一人部屋に戻る。
えりなは俯いて何かを考え中・・・

部屋に戻った創真は、司先輩のセリフを思い出しながら包丁を研いでいて。

そこに
コンコン
「……幸平くんいる……?」

うわぁぁぁああ!!と叫びたくなる感じ。
えりな可愛すぎ。これ・・・その・・・格好・・・襲われるよ・・・

創真の部屋にベッドがあるか確認しようとした私は…もはや違う目でこの漫画を見てる(笑)
えりながノックするシーンから創真の部屋に入るシーンまですごく丁寧に描かれていたので・・・
これが「食戟のソーマ」じゃなかったら、来週は絶対一線超えるってくらいのシーンでした。
こんな・・・見つめ合う2人に興奮。

さて、来週はいよいよ創真とえりなが2人きりで会話。
「創真の部屋」で。←言う必要ないけどあえて言う。
誰も邪魔するなよぉー・・・一色先輩とかが天井から登場しそうで怖い(笑)

2人が話す内容は・・・なんだろう。
薊さんのことについてかなぁ?えりな自身が今後どう動くか、とか・・・?
ラスボス薊さんを倒すには、薊(えりな父)・才場(創真父)の過去を知る必要がある。
何があって薊さんがこうなってしまったのか。
そこを知らずにはセントラルを崩せない、かな?
薊さんを改心させるのは至難の業・・・試験官になりそうな十傑(司先輩とか!?竜胆先輩とか!?←ただの希望)を改心させる方が手っ取り早そう。

才能のない、努力もそんなしたくない生徒にとってみれば、セントラルの考え方に大賛成だろうな。
真似ていればいいだけ。楽チン。代償として「自分」はなくなるけど。

逆に、才能あり、努力して本物の一流になりたい生徒は、旧体制の方がいいよなぁ。
ただ、トップまでいくと、食戟も簡単に勝てるようになり・・・
張り合いないからつまんない→竜胆先輩みたいな考え方になりそう
自分をもっと磨ける環境になってほしい→司先輩みたいな考え方になりそう
1年生は玉の世代と言われているし、たくさんライバルいるからいいけど、
3年生は・・・そんな人数いなさそうなんだよなぁ。
何を言いたいかというと・・・司先輩たちの過去を知りたい。