※全文ネタバレなどはしません。ただの感想です。
(選択肢については別の記事(下記)で案内しています)
●ホーク攻略

シミアンから外泊許可をもらった主人公。
ホークが廊下で待ってた!なにこれキュンとする。
外泊という言葉になんかドキドキしてしまう主人公と私。
だってホークだし・・・なんというか・・・ね?笑

途中、貴族3人と遭遇。
ホークが、今日は屋敷で主人公と一緒に過ごすことをみんなに伝える。
絶対ファリス何か言う・・・
ほら口角上がったよ・・・
そして主人公に「熱い夜が過ごせそうだね?」
言うと思った(笑)
しかもホークに実際のところどうなの?とか聞いちゃってるし!
ホーク「ご想像にお任せ……かな?」
あはは。もうニヤニヤが止まらない。

ベルベット家に到着して、アリスやジェラードとも会って、
うん、ホークって思ったことを口に出す人だったんだね。
はぁ・・・いいね。

書斎でホークとお話。
話題は気になる真っ白な表紙の本。
続き書かないの?と主人公。
「ホントはさ、童話を書くのはジーンの夢だったんだ」
だからジーンの代わりにって…ずっとそう思って書いていたホーク。
そんなところまでジーンの代わりを演じてたんだね・・・
「だけど、今は自分の意思で書ける気がする……キミが俺を見てくれたから」
そっかぁ・・・そっかぁ・・・超ジーンとくる。

ホーク「で、今日は熱い夜にしていいの?」
まじ突然!笑
セリフがもう・・・どうしよう!
笑いながら直球投げてきてるんですけど!笑

まぁ・・・ホークの要望により、2人同じベッドで寝ることに。
やばい、なんか超ドキドキする!
なんで?ホークだから??
ホークってさ・・・案外ファリスよりも手出すの早いタイプっぽいしさ! ←勝手な解釈(笑)
仕草とセリフが!ダメ!!
誰かホークを止めて(笑)
そんな甘いシーンでスチルでしたー。

「大好きだよ、大好き……何回言っても足りないくらい、(主人公)ちゃんのことが好き……」

超キュンとしました。
ありがとうございました。