途中、ファリスを攻略しているような錯覚に陥ったのは気のせいですか?笑
でもホークの嫉妬とっても良かったし好きでした~・・・ファリス、グッジョブ!
EPISODE.2のタイトル「気持ちをジューデン」をサラッとしか見てなかったから、
”ジューデン!”が”ジュテーム!”に見えてて何の話だろうと思いながら読んでた・・・恥ずかしい。

イベストでは妹アリスが初登場。兄バカなホーク、いいと思います。
「おにいさま」とか・・・私も呼びたい・・・
どんなルートなら主人公が「おにいさま」と言うセリフ発生してくれるかな・・・
そんな妄想はさておき、ちらっとホークの幼少期をいつか知りたいと主人公思っていたので、次のイベくらいで重い話きそうですね。

「即位記念日」をバレンタイン(大切な人に自分の気持ちを伝える)みたいな記念日にしたいと言う主人公。
そんな時、陛下から呼び出し。
ボケシミアン、徹底的にスルーされてて可哀相だった(笑)
謁見の間には他の貴族3人も。
エンリケからの贈り物「チョコレート」
レンバーンでもチョコレートの扱いが確立されておらず。
調理法を知っている主人公・・・おお!取引出来るじゃん!
ということで、レンバーン担当ファリスに輸入取引を一任する陛下。
大量にチョコ仕入れることが出来たらバレンタインが出来る!と思う主人公。
そこで突然ファリス「レンバーンとの交渉にはプリンセスもご同行頂きたいのですが」
調理法知ってる主人公を連れて行った方が有利だもんね。
でも、ホークめっちゃ心配そうで・・・ニヤニヤする私(すみません

ジョゼフ「(主人公)、気を付けて……ファリスに」
うん、早速ファリスがニヤニヤしながらホークを弄んでる(笑)
ホーク「ファリス、(主人公)ちゃんの半径1メートル以内に入らないでね」
ファリス「だって。愛されてるね」
なんか恥ずかしいー笑

バルコニーで主人公とホーク。
主人公、バレンタインを成功させるためにも交渉への意気込みをホークに伝え、
ホークも応援してくれるけど、ちょっとため息ついちゃう。心配なんだなぁ…ニヤニヤ(笑)
その後、ホークが主人公をギュッと抱きしめて、
主人公「じゃあ、私も充電」
ホーク「ジューデン?」
あっ…ここでタイトルがジューデンだということに気づいた私、一人恥ずかしく。
充電し合う2人でした(笑)

数日後、主人公とファリスはレンバーンへ。
ファリス「ぼんやりしてたら転ぶよ。言っておくけど、助けてあげないからね?」
主人公「えー、意地悪」
ファリス「嫌だなぁ、ホークから半径1メートル以内に入るなって言われてるでしょ。意地悪じゃなくて友達思いって言ってほしいな」
・・・いい雰囲気だね、君ら2人…笑

一方、ホークは出発前のファリスとの会話を思い出してて。
ファリスって嫉妬させるの上手いよな(笑)
ホーク「ファリス、交渉頑張って」
ファリス「心配しなくていいよ、ホーク」
↑あの意地悪そうな微笑みで。
ファリス「レンバーンにいる間は、俺が君に代わって彼女のナイトになってあげるから」
心かき乱されるホーク可哀相…だけど…いいね!ニヤニヤする(笑)

滞在2日目。主人公とファリスは、エンリケと交渉中。
またこの2人いい感じで…笑
この辺とレンバーンに着いたときの会話、まるでファリス攻略してるみたいだった・・・
まぁちゃんと主人公が(早くホークに報告したいな……!)って思ってくれてるので、速攻で引き戻されましたが(笑)

取引結果は上々でウキウキな主人公。
でも、クリステンへ帰っている途中、雨が酷くなっていく・・・
さらに、ファリスが咳を・・・そして選択肢・・・こ、この選択肢は!!
→A 背中をさすろうとする
→B 見守る
これはホークルートなので、さすりたい気持ちを抑え「B」を選択(笑)
昔から喉が弱いファリス。本編でも弱いところ見せようとしなかったキャラ。
そんな中、天候悪すぎて馬車進めず、近くの宿に泊まることに。
国境付近の宿の一室で、なんと主人公とファリス同じ部屋!・・・ホークそろそろ出ておいでー!笑
部屋が少数しか取れなかったから同じ部屋…
しかもファリスが上着脱いで、肌チラ見せしてるし!!
・・・これファリスルートじゃないよね?笑

一方、ホークは主人公たちが帰れないことを知る。
ホーク「俺、迎えに行ってくる」
ルカが満足に部屋取れないとか言うもんだから・・・でもこの焦った感じいいねー!笑
ホークはやくおいで~

その頃主人公とファリスは・・・
ファリス「プリンセス……」←真剣な眼差しで
主人公「ファリス!落ち着いて話し合おう!話せばきっとわかる……!」
ちょっと主人公面白すぎ(笑)落ち着け主人公!
ファリス「……声が大きい。ちょっと黙っててくれる?頭に響くから……」
そして肩にトンと頭を乗せた・・・ホークルートですよねコレ?
主人公、ファリスが発熱してることに気づき、メイドも呼んで看病。
待って、これホークルートだよね?←しつこい(笑)
ファリス「まさかずっと俺の看病してくれるつもり……?」
主人公「ちょ……起きないほうがいいよ」
ファリス「なんか、いけないことしてる気分だよ」
ふふ…ふふふ…
もうこのままファリスルートへ切り替え・・・のタイミングでようやくホーク登場。
雨に濡れてるじゃん!!当たり前か(笑)
濡れた姿のホークはやっぱりカッコいい。いっそ雨男にすればいい…そしたら毎回濡れたシーンがある(笑)

ホーク、主人公を抱き寄せてファリスと引き離す!
ホーク「ごめんファリス。事情は聞いたけど、これ以上(主人公)ちゃんと二人きりにならないで」
ぬーーん!!←今のこの興奮をどう表現したらいいのかよく分からない。
ふふふ…やばい。やばい。
ホーク「この間アクアールに行った時よりも、今の方がずっと嫉妬してる」
伝わります伝わりますー
ホーク「昔から一緒にいたから……ファリスが魅力的な人間だってわかってるから、余計にダメなんだ」
そうなんだね。ニヤニヤが止まらない(笑)
後で怒っていいから今回だけは見逃してと言うホーク。
その後のファリス「行くなら行けば」
何故かちょっと切なくなった(笑)

最後は空き部屋で主人公とホーク2人きり。
熱いキスの後、
主人公「ホーク、怒ってるの……?」
ホーク「怒ってる。病人相手に嫉妬して君を困らせてる自分が、むかついてしょうがないよ」
どうしよう、ニヤつく。
ホークも好きな人の前では余裕ぶってカッコつけていたいんだね!うんうん!
その後続き読んだら、突然スチル始まったからビックリした。
何なのこのスチルのホーク!弱々しくてどうしよう!抱きしめなきゃ!笑
主人公「なんでそうじゃなきゃいけないの?私は嬉しい。ホークの本音を聞けて、嬉しいよ」
私もこのスチル見れて嬉しいよ。

主人公がファリスと2人きりかも…と思ったらいてもたってもいられなかったということで。
ホーク「好きなんだ……。もう俺から離れないで、(主人公)……」
呼び捨て!!!!!!!!!
イベストで初呼び捨て!このタイミング最高!

最後は「……やっぱり、押し倒してもいい?」
いいと思います!
はぁ。感想書いてて楽しかったストーリーでした~