本日、「日々蝶々」12巻の発売日です。

12巻は番外編&読み切り版が全て収録されています!
(本編は11巻で完結しています。)
コミックス派だったので、番外編や読み切り版を読めるのは嬉しい。

最初にカラーが数ページあって、
マーガレットの表紙を飾ったイラストが色々載っていました。
カラーがとっても綺麗!

川澄目線のすいれんとの出会い・・・
モブ男たちから呼び出しくらった川澄くんのシーン、
川澄くん正当防衛というより、モブ男たちがモブ同士で勝手に殴り合ってたんだな(笑)
そして、すいれん最初は特定の人にしか笑わないから
川澄目線の「笑った」には興奮!
ちなみに、読み切り版の「笑った」には爆笑。

読み切り版・・・
モブ男に立ち向かう川澄くん、表情がとってもカッコいい!イケメン!
すいれんを送る帰り道で”しりとり”をしていて、
アイス→スイス→スパイス→酢・・・(まだ続く)
この「す」のループが超ウケる(笑)
最後にとびっきりの笑顔を魅せるすいれんが、とってもとってもとーっても可愛かったです。

さて、少し気になっていた後平と小春の関係ですが、
・・・後平くん髪短くなってて好き。
小春は結局一途で可愛すぎ。

「あんたって昔からおっかけてくる割には好きだって言わねぇよな」
「ちょーガンコ」
「俺の事好きなくせに」

いいねいいねこのセリフ。
そして・・・最後のキスシーン完璧!その手の位置最高だなぁ。

色んな作家さんのトリビュートがありましたが、
ヒロイン失格とかセンセイ君主を描いてる幸田もも子先生のトリビュートが面白かったです。

他にも色々番外編掲載されていて、ボリューム満点な12巻でした。